ユーザー登録
文字サイズ

広報いといがわ おしらせばん No309 2018年1月25日号

申告 3

13/15

新潟県糸魚川市

■申告会場および日程「能生地域」
3月8日(木)は、午後7時まで時間を延長して受付を行います(能生地域の全地区を対象)。

◆税務署からのおしらせ
医療費控除を適用される方へ;
平成29年分の確定申告から、領収書の提出が不要となり、「医療費控除の明細書」の添付が必要となります。明細書は、領収書等を集計し作成していただきますが、内容の確認を行う場合がありますので、領収書は5年間保存してください。明細書の用紙は、税務署、市役所、能生・青海事務所にあります。
※医師等が発行した証明書は必要です。また、平成31年分の確定申告までは、従来どおり領収書の添付または提示によることもできます。
なお、「セルフメディケーション税制」が創設されました。通常の医療費控除との併用はできませんが、スイッチOTC医薬品を購入し、この制度を受ける方は「セルフメディケーション税制の明細書」と「健康診査や予防接種など、一定の取組を行ったことを明らかにする書類」が必要となります。

公的年金等を受給されている方へ~確定申告不要制度のお知らせ~:
公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下であるときは、所得税の確定申告書を提出する必要はありません(所得税の確定申告が必要ない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります)。
なお、所得税の還付を受ける場合や確定申告書の提出が要件となっている控除(純損失や雑損失の繰越控除など)の適用を受ける場合には、確定申告書の提出が必要となります。
また、平成27年分以後は、外国の制度に基づき国外において支払われる年金など源泉徴収の対象とならない公的年金等を受給されている方は、この制度は適用されません。
問合せ:糸魚川税務署【電話】552-0381(自動音声案内)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 糸魚川市 〒941-8501 新潟県糸魚川市一の宮1丁目2番5号